クボマサヒコイラストレーションブログ
by enomushi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
再び横須賀へ
b0033515_8183063.jpg
今週、最愛の叔父が手術することになったので再び横須賀へ。今回は東京に用事がある息子も同乗してくれてるので途中運転を交代出来るかららくちん。(家族3人でこんな長距離ドライブは初)朝5時に出発し道路交通法を遵守しつつすっ飛ばして横須賀には午後2時前に到着。富士川SAで食べた桜えびのかきあげそば(死ぬほどまずかった!)を食った以外はなんのトラブルも無く順調にやってこれました。夕方横須賀中央にある病院にお見舞いに行くと、すこし寂しげ(そう見えた)な表情で僕たちを迎えてくれた叔父は冗談まじりに「今日看護婦さん達がきておなかにマジックみたいので落書きをしていったんだよ〜」といって手術する際のガイド(印)のような線が何本か引かれたお腹を見せてくれました。いくら冗談っぽく話されてもさすがに笑えなくて、なんだか宙に浮かんで行き場の無いような枯れた笑みを浮かべるしかなかった。亡くなったうちの親父(叔父の兄にあたる)が脳腫瘍で治療するときに放射線を照射する的(マト)のような印を頭につけられていたのを思い出し、すこし腹がたった。この時代にもっとマシな方法はないのか?ケータイ電話なんかもう進化させなくていいから医療の技術をもっとなんとかしろよ!いったん体をスキャンしたら座標が記されていて体に光が浮き出てみれるようにするとか、もしくはモニターで確認するとか方法があるんじゃないのか?最低でも普段はみえない塗料で印をするとかあるだろ!普段は見えない印みたいなのは遊園地ではすでにやってるよね。人をお客様ととらえて発想するか、ただの患者だと思うかの差なんじゃないかな?体に的や印を書かれるヒトの身になってみろ!っつうんだ。いくらそれが医療現場での常識でもボクはフツーに非常識だと思う。
[PR]
by enomushi | 2011-08-29 09:02 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiowalk.exblog.jp/tb/16192717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無事にオペ終了。 部屋とオイルステンとニスの臭い... >>


welcome
本Blogは、クボマサヒコのイラストレーションをメインコンテンツとするBlogです。本Blog内の画像、テキストの著作権はクボマサヒコが保有します。著作者の許可なく複製、転載することはできません。 画像の無料配布は行なっておりません。

Facebook
HOME PAGE
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。