クボマサヒコイラストレーションブログ
by enomushi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
無事にオペ終了。
▼写真は叔父が昔PCのドローイングツールで描いた天国にいるタロちゃん。
 「叔父ちゃんが昔パソコンを使って描いたタロとマサヒコが描いたタロがそっくりだよー」と
 叔父は言うけど、こっちの方がカワイイと思う。
b0033515_9113050.jpg
麻酔1時間半、オペ6時間。待合室に看護婦さんが手術の終わりを告げに来たのが4時頃だった。予定より少し早くオペが終了。執刀医から心配された直腸、腎臓への癌転移はなく予定通り膀胱、前立腺の全摘出手術だけで済んだとの報告を聞き、ほっとする。ICUで術後の処置を受けるまだ麻酔で意識が朦朧とした叔父の第一声は「喉が渇いたよ。水が飲みたい」だった。その日は短い面会だけで家に戻り、翌日見舞いに行くと「幹事長は誰になった?」と尋ねられ「輿石さんみたいだよ」と答えると、「あいつはだめだよー!思想がだめなんだからー!!」って自分の心配より今後の日本の行く末を案ずる叔父に感心してしまった。次に何を言うかとというと、「台風が近づいているから明日帰んな!由良海岸あたりが通行止めになっちゃうから」と今度は僕たちの心配。心残りではあったけど、叔父さんの術後の経過も良好だし言いつけを守って翌日に帰ることにした。次の日病室でお別れを告げ8時頃には病院を後にしたにもかかわらず、下り富士〜清水間が通行止めとなっており下道に強制排出されちまった。結局海っぺりのぎりぎりを走るバイパスしか通る道がなく、高波がザッパーンと打ち寄せるのを左に見ながら牛歩のごとく進む。こりゃぁ今大地震が来たら車を捨てて逃げるしかないな。最低限持って逃げられる大事なものを打ち合わせし、心だけしっかり構えて進む。(仕方ないもんね)それにしても進まないのでイライラしつつ数十分後にあるポイントにさしかかると2車線の右側を先行していた前の車の列が左車線へ移動し始めたので「?」と思って後に習うと大型トラックが前4台の車を追突して停車してるじゃない!。渋滞の原因はこいつだったのかぁ。こんな雨の中で追突された人たちほんとにお気の毒。と思いつつ、ようやく清水ICに滑り込み日本平SAで少し遅めの昼食をとり、神戸にたどり着いた(もちろん安全な車間をキープしつつね。)のは8時前だった。
[PR]
by enomushi | 2011-09-03 09:13 | 雑記帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studiowalk.exblog.jp/tb/16221859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 西屋もいいけど千歳もね 再び横須賀へ >>


welcome
本Blogは、クボマサヒコのイラストレーションをメインコンテンツとするBlogです。本Blog内の画像、テキストの著作権はクボマサヒコが保有します。著作者の許可なく複製、転載することはできません。 画像の無料配布は行なっておりません。

Facebook
HOME PAGE
カテゴリ
外部リンク
お気に入りブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。