クボマサヒコイラストレーションブログ
by enomushi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
高倉健さんを描いてみた。
b0033515_12554882.jpg
男が惚れる昭和の大スターがまた旅立ってしまいましたね。亡くなられた後に語られるエピソードは素敵なお話ばかりで、どこを探しても悪く言っている人なんて見当たらない。かっこよすぎる!!ボクなんて褒められるところがないから悪口のオンパレードになりそうだけど、何を言われても死んでるので気にしませんが、悪口でも話題にされるだけマシかもしれんな。(笑)昨夜、テレビでダイヤモンド葬なる新しいお葬式のスタイルを紹介しておりました。40万円で亡くなった愛しい人の遺骨から炭素を取り出して大掛かりな機械を使って強力な圧力をかけてダイヤモンドに加工するらしいのですが、本当にそのご大層なマシーンを作動させて自分の大切な人の骨からきちんとダイヤモンドに加工されているかは実際に立ち会って現場で確認していないと信じられなくないですか?テレビでは簡単な理屈と加工までの流れを説明、紹介しただけでそのマシンが作動して加工されているいるところは全く映しておりませんでした。悪どい業者だと遺骨はその辺にポイっと捨てちゃってありもののキュービックジルコニアで適当に指輪に加工してるかもしれないので頭からは信じない方がいいかもしれませんな。実際に指輪に加工した人は肌身離さず身に着けていられるのでいつでも亡くなった愛しい人が自分のそばで見守ってくれている気がするなどと言っておりましたが、偽物の人造ダイヤでないことを願うばかりです。ちなみにボクは葬式はしなくていいし、骨は海にバラまいてもらってけっこうです。ってなことで、人々に尊敬されダイヤモンドのように煌めく数々のエピソードを残して旅立った昭和の名優高倉健さんを描いてみた。あの世で江利チエミさんとまた結ばれているといいな。
[PR]
by enomushi | 2014-11-25 15:33 | 似顔絵 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://studiowalk.exblog.jp/tb/23787842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marurin373 at 2014-12-04 23:25
enomushiさんの描かれた健さんを眺めていたら、私もいろいろ考えてしまいました。自分の葬儀の事とか、臓器提供とか、アイパンクとか。友達が桜の下にお骨を納める「桜葬」なる仕事をしているのですが、本当にいろいろな方が来られているそうです。私と息子は、両親と弟のお骨を納めたお墓に入る予定で、しかも本能寺なので、すぐに遊びに行けるなぁなんて、亡父と話していたこととか思い出しています。「絵」から、本当にいろいろなことを考えさせていただきました。
Commented by enomushi at 2014-12-06 15:30
marurinさん。死は等しく人に訪れるのですよね。先に偉大な先輩たちが逝ってくれているので後を追いかける身としては心強く思うこともあります。(笑)
僕が親として子にしてやれる最後の仕事は死に方を見せてやることなんだろうなと思っています。が、思いっきり痛がってのたうちまわり泣き叫んで見苦しい死に方を演じてやろうかななんて意地悪なことを考えたりもしてます(笑)
<< ドラマ「ごめんね青春!」より波... ドラマ「ごめんね青春!」より阿... >>


welcome
本Blogは、クボマサヒコのイラストレーションをメインコンテンツとするBlogです。本Blog内の画像、テキストの著作権はクボマサヒコが保有します。著作者の許可なく複製、転載することはできません。 画像の無料配布は行なっておりません。

Facebook
HOME PAGE
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。