クボマサヒコイラストレーションブログ
by enomushi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1.17
皮肉にもこんな日に証人喚問とはね。ヒューザーの小嶋氏は悪い事したとは全く思ってない様子ですな。東遊園地にある慰霊と復興のモニュメントに刻まれた大勢の方々の名前も小嶋氏にとってはただの文字の羅列にしか見えないのでしょうな。ほとんどの方々が一番安心できるはずの場所で命を落としていると言うのに。彼こそ一週間程瓦礫の下敷きにする必要がありますな。そうすりゃ嫌でも全部喋るだろうに…。前置きはさておき昨日東遊園地へ追悼に行って参りました。東遊園地へ続く地下道を歩いていると嫁さんのご両親とばったり遭遇。ご両親は追悼を済ませた帰り道だったので後ほどお食事でも一緒にしましょうと約束をしてからいったん別れ、さらに先へ進むと昨年ボクが創ったキャラクターのポスターに遭遇。なんだか奇遇な滑り出しじゃないの!なんて言いながら会場で記帳し、花を捧げ、黙祷。長居すると涙腺が緩むので速やかに退散して参りました。寒い中頑張ってらしたボランティアの方達ご苦労様でした。あなた方の爪の垢を小嶋氏に飲ませてやるといいよきっと。でも彼には効かないかなぁ。それじゃぁ、クソでも喰らえ!
[PR]
by enomushi | 2006-01-18 15:15 | 雑記帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://studiowalk.exblog.jp/tb/4045613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marurin373 at 2006-01-19 23:16
その時私は京都で、しかも入院中だったのですが、いろんなことを思い出します。
で、息子に私の知る限りのことを「5才児様言語」で説明しました。
今こうして神戸に住んでいる私にできることは、息子に語り継ぐことかなぁと思います。
息子と一緒に手を合わせました。
Commented by enomushi at 2006-01-20 00:51
marurinさんこんばわ。
想像力が豊かな息子ちゃんのことですので
しっかりと母の言葉を受け止めてらっしゃると思います。
これ以上馬鹿が増えないようにするにはオトナがしっかりしないといけないですよね。やっぱ。
<< へろへろ 路地裏世代ノスタルジー >>


welcome
本Blogは、クボマサヒコのイラストレーションをメインコンテンツとするBlogです。本Blog内の画像、テキストの著作権はクボマサヒコが保有します。著作者の許可なく複製、転載することはできません。 画像の無料配布は行なっておりません。

Facebook
HOME PAGE
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。