クボマサヒコイラストレーションブログ
by enomushi
2005年 02月 13日 ( 1 )
看板アート
たまに神戸の新開地をぶらぶら散歩するのですが、メインストリートにある大衆演劇場には最近ではあまり見かける事がなくなった昔ながらの手描きの看板が掲げられていたりして、昭和の鼻たれ小僧だったボクなんかはとても懐かしい思いでつい見入ってしまいます。子供の頃、脚立に腰掛けて看板にレタリングしている職人さんの筆先を感心しながら飽きもせず眺めていると、茶目っ気のある職人さんに、「どうだ!坊主も描いてみるか?」なんて言ってからかわれ「まじで?」とドキドキしたことを思い出します。話は戻りますが、歌舞伎や大衆演劇の看板の絵と実物の役者さんを見比べてもギャップがほとんど感じられないのは、どちらもすごく誇張されているからなのだろうなぁ。
b0033515_13595885.jpg

[PR]
by enomushi | 2005-02-13 14:00 | illustration | Trackback | Comments(2)


welcome
本Blogは、クボマサヒコのイラストレーションをメインコンテンツとするBlogです。本Blog内の画像、テキストの著作権はクボマサヒコが保有します。著作者の許可なく複製、転載することはできません。 画像の無料配布は行なっておりません。

Facebook
HOME PAGE
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。