クボマサヒコイラストレーションブログ
by enomushi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:cooちゃん( 42 )
熱い視線。
b0033515_11421777.jpg
macに向かってチキチキ作業に没頭していると何やら気配を感じてふと振り向くとcooちゃんがボクに何か訴えるような目をしてじーっとこっちを見つめていることがよくあった。彼はお腹が空いてたり、かまって欲しい時には最初はただただ静かに「こっち向いて!ボクに気づいて!」的な念を相当我慢強く送り続けているのだけど、ボクが彼のテレパシーに全く気付かない時には次なる手段。まず鼻息を「ふんっ!」と一回だけ鳴らして呼ぶのでそこでようやくボクは彼が何やら要求していることに気づくのだけど、まだ作業に一区切りつかない場合とかにそのまま知らんぷりをしてチキチキ作業を続けていると今度は「ふんっ!ふんっ!」と鼻息を連発。(笑)それでもまだ作業を続けていると、もう我慢できずに最後の手段。「ワンッ!」とひと吠えするのがいつものお約束パターンでした。最後の最後まで吠えない彼がとてもいじらしくて休憩がてらにしばらく遊んだりおやつをあげたりしたことがただただ懐かしい。今でも作業をしているとふと気配を感じて振り向くことがあるのだけど、当然居るわけないので、振り向いた視線の先に貼ってある彼の写真に「パパになんか用事?お腹すいた?」なんて風に話しかけるのが最近の習慣になっている。
b0033515_11495240.jpg
2015.4.2王子動物園にて
[PR]
by enomushi | 2015-04-05 11:51 | cooちゃん | Comments(2)
桜咲く。
b0033515_19562922.gif
そろそろまた似顔絵も描こうかなぁなんて思いつつ、いつもボクが家に帰ると玄関先で喜んでクルクル回ってお出迎えしてくれたあと、ソファに飛び乗ってお腹をさすって〜っ!とくねくねして甘えていた天使のcooちゃんを描いてみました。そのまんまだとチンコが丸出しでお下品なのでマナーベルトを着用させてっと!(ちょっと何やらがはみ出しておりますが:笑)
話は変わって、
3月のめっちゃ暖かい日が続いた頃に「そろそろスタッドレスタイヤを交換しよっか?」と言うと「まだ寒の戻りがあって相当寒くなるらしいよ」と嫁さんに驚かされ、大昔(ボクが中学を卒業した年)、4月だというのに北区で雪が積もったことをふと思い出し、最悪のことを考えて夏タイヤに履き替えるのを躊躇していたのだけど、NHK朝の連続ドラマ「マッサン」も最終回を迎え新ドラマも始まったことだし、さすがにもう大丈夫だなってことで4月になる前にようやくタイヤを交換してきました。いやぁスッキリした〜!すっかり暖かくなったとは言ってもこちら神戸市北区ではまだまだちらほらな桜ですが、山を降りるとほぼ満開になりつつあるようなので明日あたり嫁さんと一緒にcooの写真を胸にお花見にでも出かけて来ようかな。なんて思ってます。
[PR]
by enomushi | 2015-04-01 20:22 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
スヤスヤcooちゃん。
b0033515_1859545.gif
もし、ペットショップでcooちゃんにそっくりなワンコに出会ってしまったらどうする?と、たまに想像してみる。(いや!しょっちゅう想像しているな(笑))いてもたってもいられなくて絶対抱っこさせてもらうでしょ!んでもって、ペットショップに手切れ金払って引き取って帰るとするよね。名前はどうする?またクーちゃんって呼びたいがために空太(くうた)なんて名前にする?いやいや!それはやっぱやっちゃダメだな。その子をcooと混同しちゃ可哀想だ。いかんいかん!んじゃ黒ペキ以外のペキニーズにすればいいんじゃないの?‥とはいっても顔はやっぱクーちゃんにそっくりな子がいいよなぁ‥‥。ってな具合に結局どこかでcooの代わりを求めてしまっている自分に気づき愕然とする。ある天才博士が亡き息子そっくりなロボットを創ったものの、人間のように成長しないそのロボットをやがて忌み嫌いサーカス小屋に売り飛ばしたという古い漫画のエピソードを思い出してしまった。そんな博士みたいになっちゃいそうなので、最近のボクは「cooそっくりな黒いペキニーズがいませんように!」などとつぶやきながらペットショップを覗くという矛盾した行動をとっている。じゃあ覗きに行くなよ俺!
[PR]
by enomushi | 2015-03-22 20:10 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
シャンプーするよ!
b0033515_2319977.jpg
天使になったcooちゃんは「シャンプーするよ!」または「チョキチョキするよ!」このワードを聞くと、ハウスに逃げ込んで大暴れ。嫌だ!という気持ちを全身で訴えているのです。サザエさんのエンディングのようにハウスを揺らし、時々チラっとこちらの様子を伺ってはまた暴れるってなことをほとぼりが冷めるまで繰り返すのだけど、その動作と時々じーっとこっちの様子を伺う可愛らしい表情見たさに、シャンプーしないのに「シャンプーする?」なんて意地悪言ったりしたことを彼に謝らないといけないな。(笑)疑ったり勘ぐったりするボクとは違って何か事に対して必ず決まったリアクションを返すその素直さにとても癒されていたんだ。cooは小さい子供と触れる機会が全くない暮らしだったので、(たまに息子に謎の呪文を唱えられる以外は)とても落ち着いた穏やかな(退屈な)日常だったんじゃないかな。彼がテンションの上がる瞬間と言えば、ご飯やおやつをもらう前とお散歩に出かける前と長時間留守をした家族の帰宅時などで、それ以外は壁や箪笥に頭がくっつきそうな位置にポジショニングしてジーッと前を見つめていたり敷居を齧ったりしながらウトウトしたり小さなイビキをかいて眠っている手のかからない部屋のどこにいるのかわからないような事もある大人しい子だった。息子がいっしょに暮らしていた時には毎日部屋で練習するギターのメロディがいつも流れていたけど、彼が東京へ引っ越してからはさらに静かな毎日で、そんな穏やかな日々がもっともっと続くものだとボクらは思ってたんだ。この家から彼がいなくなってポッカリ空いてしまった何かを埋める方法がまだわからない。
[PR]
by enomushi | 2015-03-14 21:39 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
さて!
b0033515_9185626.jpg
cooは一緒にお出かけするのが大好きだったので目的地がワンコを連れて行けない場所の場合にはできるだけ彼に気付かれないようにそーっと着替え、こっそり家を出るように心がけていたのだけど、どういうわけかすぐにお出かけの気配を感じて尻尾をフリフリしながらその場でクルクル回ったりして「連れてって!」アピールをし始めるので困ったもんでした。彼が爆睡している間にこっそり出かけるつもりがうっかり「さて!」という言葉を発してしまって気づかれることも度々で、彼を置いていく場合の「さて!」は禁句だったのです。聞き分けはとてもいい方だったけど一緒に行けないことがわかると途端にテンションだだ下がりでしょんぼりしていた姿を思い出します。お袋に抱っこされながらうらめしそうな目でボクらを見送っていた姿が切なかったな。逆に、一緒に出かけられるときには「さて!cooちゃんも一緒に行くよ!」と声を掛けてやるとそれはもうテンションアゲアゲではしゃいだあと、のびのび〜ってするのが彼の定番のお出かけの儀式で、そんな嬉しそうな彼の姿を見るのがボクらはとても大好きだった。もっともっともっといろんな場所に連れて行ってあげればよかったなと思う。
[PR]
by enomushi | 2015-03-07 10:32 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
cooが天使になって早、四十九日が過ぎました。
b0033515_18515942.jpg
愛犬cooが天使になってから今日で四十九日。ボクらは今でも死を受け入れられないでいる。街を歩けば「この木によく寄り道してたよなぁ。」とか、スーパーで買い物した商品をレジカゴからバッグに詰め替えている際に「あ!もうビニール袋をcooのうんち用に余分に貰って帰らなくてもいいんだぁ。」とか、「車で待たせているから早く買い物を済ませて戻らないときっと寂しがってるよ!」とか、さりげない日常のシーンで事あるごとにcooを思い出しては落ち込んでしまう。そんな風に豚肉のコーナーの前を通リ過ぎるたびに「もう肩ロースを煮込まなくてもいいんだなぁ。」と思って毎回しょんぼりしてたけど今日は四十九日なので生前彼が大好きだった煮豚をお供え用と自分らが食べる用に作ることにした。煮込んでいる際に出る灰汁を取ったり作業していると何やら念を感じ、後ろを振り返ると出来上がるのが待ち遠しくてそわそわした様子で、「まだなの?早く食べたいよう!」とワンワン吠えていたあの感じを味わいたくて、写真パネルにしたクーちゃんを持ってきていつもの定位置だったキッチンの隅に置き、「もうすぐできるからね〜!いい子で待っててね〜」なんて動かないパネルのcooに時々話しかけながら20分煮込んでから火を止め、 発泡スチロールケースに鍋を入れ2時間ほど保温して完成!ひさびさの懐かしい作業にほんのり幸せを感じました。これからも月命日には毎回お供え用の煮豚をこしらえるつもりです。
イラストはボクが1日使ったマスクを咥えてそんなに憎い?つうぐらいぶんぶん振り回してビリビリにするのが大好きだった彼がコタツのテーブルに置かれたマスクを必死で取ろうとしているの図です。これも懐かしい〜!!

cooのパネルはこんな感じ←クリック!
[PR]
by enomushi | 2015-03-01 22:20 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
黒ペキcooちゃんの仲間を描いてみた。
b0033515_06759.jpg
最近、飼っているワンちゃんを蹴ったり床に叩きつけたりしていじめている様を撮影し動画サイトにアップしていた高校生が非難されているっていう話を嫁さんから聞き、怒り心頭なのだけど、そんな動画は絶対見てやんないもんね。鬼畜野郎のサイトのアクセス数の1カウントにされたくないからね。無能で愚かなバカが世間から注目されるために思いついたのはあまりにも卑怯な弱い立場の者を虐待するって方法だったのだねぇ。クソガキよ!お前もどこかで同じ目に合う天罰を受けるが良い!愛犬を亡くし悲しい思いをしている者としてはホントに信じ難い腹立がたつニュースだったな。
あ〜気分が悪いので話題を変えてっと!
うちのcooもそうだったのだけど、ペキニーズの性格は猫っぽくてクールでマイペース。無駄吠えは全くしないし、大きな犬に相対してもちっとも物怖じしない勇敢な一面もあり、フレンドリーで一緒に暮らしやすい(とってもとっても飼いやすい)ワンコなのです。カラーはおおまかに言うと、うちの天使のcooちゃんのように黒い子の他に白い子やボディが茶色で顔が黒い種類がいます。(他にもクリーム、ゴールド、レッド、サーブル、ブラックアンドタン、グレイなど多彩)ボク個人的には顔が黒い子に美形が多いんじゃないかなと思ってますが、なんでだか白い子は目の下のタプタプとしたシワ(ヒダ)が大きいのが特徴でなんとも愛嬌のある顔した子が多いです。
ってなことで黒い子以外のペキちゃんも描いてみた。
[PR]
by enomushi | 2015-02-27 00:19 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
バウバウ!じゃなくって茫々!の天使のcooちゃんを描いてみた。
b0033515_15524779.jpg
cooとよくお散歩に来ていた神戸市北区にあるしあわせの村に今朝も行って参りました。最近はポッドキャストを聞きながら約2.5キロの外周を軽くジョグしてから生前cooとのお散歩コースだったルートをギタリストの息子がcooのために捧げてくれた「Village of Happiness」という曲を聞きながら辿るというパターンになっています。cooがお気に入りだった各オシッコポイントで少し佇んで、おやつをあげていた石のベンチにしばらく腰掛けてエアおやつ(おやつをあげている振りね)をあげてから日本庭園へ回っていつもお水を飲ませてあげてたポイントで手に汲んだ水を地面にそっとかけて(エアウォーターね)帰るという所作が習慣になりつつあります。うかつにも涙がこぼれてしまった時にはジョグの汗をタオルで拭う振りをしてごまかしたりして。(笑)
ところで、うちのcooはペキニーズという犬種で、カットしないで放っておくと左のイラストのように毛が茫々になってしまう多毛なワンコなのです。こうなっちゃうと毎日のブラッシングがめっちゃ大変なのでうちでは右のイラストのように短かめにカットしておりました。他人に触られるのを嫌う子だったのでボクがシロートリマー(素人トリマーの略ね)になって2時間ほどかかってやってました。けっこう疲れるのでやりたくないなぁなんてうんざりすることもあったのだけど、もうカットしたくてもできないんだなと思うとあのまったりと触れ合っていた時間がとても愛おしくて懐かしい。あ!やばい(涙が)ってなことで天使になったcooの茫々&スッキリビフォアフターを描いてみた。
GIFアニメのオマケもね。
b0033515_1714625.gif


こんなに毛が!!(笑)←クリック
[PR]
by enomushi | 2015-02-21 17:03 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
天使になった愛犬cooが「はむはむ」しているところを描いてみた。
b0033515_15214898.jpg
cooがまだ赤ちゃんの頃、生えかけの歯がむずがゆくて敷居の端を齧っていたのが癖になってしまい、成犬になってからも時折敷居を「はむはむ」やっていた。たまに「でろりんでろりん」と舐めてみたりしながら「はむはむ」に耽ってるとだんだんトロ〜ンと瞼が下がってきてウトウトし始め、やがてぐっすり眠ってしまう。敷居の端を齧ったまま小さないびきをかきながら鼻ちょうちんを膨らましている彼の姿が可愛らしくて飽きることなく眺めてたっけな。何度となく写真にも撮ったな。敷居の端に残された彼の齧った傷跡を見てるとそんな光景をなつかしく思い出してしまう。写真といえば彼が家族の一員になってから亡くなるまで相当数なスナップショットを撮っていたつもりでいたけど、見返してみれば自分が思ってたより意外に少なく感じたのでこんなことならもっともっとたくさん撮ってあげればよかったなぁ。などと反省するも、もはや後の祭りなのですなぁ。。。愛犬を思い出して悲しくなるので写真や動画はなるべく見ないようにする。というのとは逆に、ボクは敢えて毎日毎日何度も何度も写真を眺める「写真見倒し涙を枯らす作戦」を断行するも、涙は枯れるどころかいくらでも溢れてくるので参りましたが、ここ数日、彼の絵を描き出したのがきっかけでかなり心が癒されてきました。なんだろう。彼の絵を描いていると彼が生きているような錯覚を覚えるからなのか、あるいは彼に触れているような感覚になれるからなのかなんだかわからないけど、最近は妙に心が落ち着いてきております。昨日はうっすら涙は滲んだものの溢れることはなかったからね。(笑)
ってなことで天使になった愛犬cooが敷居を「はむはむ」やっているところを描いてみた。

↓ cooの写真を見たい方はクリック!

「はむはむ」している写真は←こちら
[PR]
by enomushi | 2015-02-17 16:28 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)
cooちゃんのクールスポット
b0033515_1110769.jpg
暑さに弱いペキニーズのcooちゃんは夏のお散歩が苦痛なので、出来るだけ朝早く出かけて砂地の木陰を選んでお散歩させてるのだけどそれでもすぐにバテバテ。写真は将棋盤が刻まれたひんやりした石の台でおなかを冷やし中のcooちゃんです。とにかく「かっかっけっけっぜーぜー」とうるさいので、息が整うまでのんびりここでクールダウンさせる習慣になっております。ところでクールスポットといえば神戸市が節電対策としてクールスポット対象集客施設というのを設けていて(家でクーラーなんか使ってないで涼しいところにお出かけしてねってことなんだね)9月の2日まで市の施設が無料になってたり半額になってたりするので、珍しいキノコなどに出会えるのを期待しつつ森林植物園にでもでかけてみようかと思っております。ちなみに森林植物園は入園料が無料(駐車料金500円は要)です。月曜日には最近お知り合いになった日本蓄音機倶楽部の水野さんが森林植物園で蓄音機コンサートを開催しているのでオススメです。クールスポットで蓄音機の奏でるSPレコードのレトロな音を楽しむなんてcoolかも!
[PR]
by enomushi | 2012-08-12 11:38 | cooちゃん | Trackback | Comments(0)


welcome
本Blogは、クボマサヒコのイラストレーションをメインコンテンツとするBlogです。本Blog内の画像、テキストの著作権はクボマサヒコが保有します。著作者の許可なく複製、転載することはできません。 画像の無料配布は行なっておりません。

Facebook
HOME PAGE
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。