クボマサヒコイラストレーションブログ
by enomushi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
高倉健さんを描いてみた。
b0033515_12554882.jpg
男が惚れる昭和の大スターがまた旅立ってしまいましたね。亡くなられた後に語られるエピソードは素敵なお話ばかりで、どこを探しても悪く言っている人なんて見当たらない。かっこよすぎる!!ボクなんて褒められるところがないから悪口のオンパレードになりそうだけど、何を言われても死んでるので気にしませんが、悪口でも話題にされるだけマシかもしれんな。(笑)昨夜、テレビでダイヤモンド葬なる新しいお葬式のスタイルを紹介しておりました。40万円で亡くなった愛しい人の遺骨から炭素を取り出して大掛かりな機械を使って強力な圧力をかけてダイヤモンドに加工するらしいのですが、本当にそのご大層なマシーンを作動させて自分の大切な人の骨からきちんとダイヤモンドに加工されているかは実際に立ち会って現場で確認していないと信じられなくないですか?テレビでは簡単な理屈と加工までの流れを説明、紹介しただけでそのマシンが作動して加工されているいるところは全く映しておりませんでした。悪どい業者だと遺骨はその辺にポイっと捨てちゃってありもののキュービックジルコニアで適当に指輪に加工してるかもしれないので頭からは信じない方がいいかもしれませんな。実際に指輪に加工した人は肌身離さず身に着けていられるのでいつでも亡くなった愛しい人が自分のそばで見守ってくれている気がするなどと言っておりましたが、偽物の人造ダイヤでないことを願うばかりです。ちなみにボクは葬式はしなくていいし、骨は海にバラまいてもらってけっこうです。ってなことで、人々に尊敬されダイヤモンドのように煌めく数々のエピソードを残して旅立った昭和の名優高倉健さんを描いてみた。あの世で江利チエミさんとまた結ばれているといいな。
[PR]
by enomushi | 2014-11-25 15:33 | 似顔絵 | Trackback | Comments(2)
ドラマ「ごめんね青春!」より阿部あまりに扮する森川葵ちゃんを描いてみた。
b0033515_16215696.jpg
午前中神戸ハーバーランド山側の国道沿いの歩道を嫁さんと一緒に愛犬cooちゃんの散歩をしていたら植え込みに花束が投げ捨てられているのを発見。そのまま通り過ぎたものの想像の翼が広がってきて、なんだかモヤモヤしてきました。花を贈った人には気の毒だけど、もしも自分にしつこくつきまとっている猟奇的なストーカーから花束を贈られたならボクも同じように投げ捨ててしまうだろうな。いや!相手を花束で打ち据えたあと投げつけるかもしれない。はてさてこの花を捨てた人は花を贈られた相手のことがよっぽど嫌いだったのか、それとも花そのものが耐えられないぐらい大嫌いだったのか、あるいは花を持って歩くことが恥ずかしくて耐えられなかったのか‥など、その花を贈った人と贈られた人との関係性だとか、なんらかの理由で贈られた花束をそこいらにぽいっと捨てれる人の人間性などを勝手にいろいろ想像したりしてしまって、同じ歌を何度も口ずんでしまうみたいに一日中頭のすみっこに引っかかっておりました。宮藤官九郎ならこんなエピソードでもきっと面白い脚本に仕立て上げてくれるだろうな。ってなことで売れっ子のクドカンが脚本を手掛けるドラマ「ごめんね青春!」で阿部あまりに扮する森川葵ちゃんを描いてみた。
いただきものがお金ならきっと捨ててなかったろうに(笑)

捨てられていたお花←クリック
[PR]
by enomushi | 2014-11-20 17:29 | 似顔絵 | Trackback | Comments(0)
柄本明さんと角替和枝さんちの次男で柄本佑さんの弟でもある柄本時生さんを描いてみた。
b0033515_014236.jpg
ついにこの冬初のヒートテックの肌着&ズボン下(パッチ)を着用してしまいました。先日神戸市役所浜側にある東遊園地を愛犬Cooちゃんと散歩していたら陽気な歌声が聞こえてきたので「!?」何かなと思ってその方向に目を向けると陽気なイタリア人職人たちが来月4日から開催される神戸ルミナリエの準備に勤しんでおられました。もうそんな季節なんだねぇ。ってことはクリスマスもすぐそこまでやってきてる!そろそろスタッドレスタイヤに履き替えるタイミングも計らないといけないし!!!と、ボクが苦手な冬将軍の軍勢がずんずん侵攻してきているじゃあ〜りませんか!!「寒さなんてホットコット」ってなわけにはいかないのでこうなったら年末ジャンボを当てて南の島へ避難するしかないぞ!!!!!!ってなことを毎年言ってる気がしますが、冬眠した蛙やクマのように春の訪れを夢見るしかないのでせめて風邪をひかないようにやり過ごすとしましょう!!今年もあと一ヶ月半でお正月かぁ‥。なんと「時」の経つことの早さよ!
ってなことで今回は「時」つながりで(無理があるな(笑))柄本明さんと角替和枝さんの息子さんで柄本佑さんの弟でもある柄本時生さんを描いてみた。これにて柄本ファミリー似顔絵コンプリートだ!

他の似顔絵も見てってね→click!
よろしければ気軽にコメントを残して行ってくださ〜い。似顔絵リクエストも大歓迎!
(気が向いたら描くかも)主役よりも脇の俳優さんに興味津々です。
[PR]
by enomushi | 2014-11-15 21:23 | 似顔絵 | Trackback | Comments(0)
Doctor-X外科医・大門未知子より伊武雅刀さん扮する談合坂昇を描いてみた。
b0033515_1862161.jpg
ヒアウィーゴー!エブリィバディカモ〜ンロックンロール♩
ユーアンドミー!ミーアンドユー!レッツロックンロール♪


僕らの世代で伊武雅刀さんといえばやっぱ「畠山桃内」でしょう!若い人はなんのこっちゃ?だろうけど昔、桑原茂一さんがプロデュースしたスネークマンショーっていうトンガったシュールでオシャレ面白い音楽ラジオプログラムをやっていて、その番組での伊武さんのキャラクターが「畠山桃内(ハタケヤマモモナイ)」。僕はその番組が大好きで、夕方5時頃だったっけかな?FMラジオから「咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3」が聞こえてくるとテンションが上がったもんです。当時のボクは駆け出しの新人ペーペーデザイナーでタバコの煙が充満したデザイン事務所で毎日毎日終電ぎりぎりまで細かい作業をしておりました。終電で帰れればまだいいほうで徹夜なんてザラにやってたもんね。もちろん残業代なんてもらってないけど(業界にはそんな概念がまずなかった(笑))そんなこと全く気にしないでとにかくよく働き、よく遊んでました。いい時代でした。今ならそんなブラック会社完全に訴えられるな(笑)。スネークマンショーのなかでも特にお気に入りだったコントがこれ!→これなんですか?
ってなことでDoctor-X外科医・大門未知子より先週失脚してしまった伊武雅刀さん扮する談合坂昇を描いてみた。
※「これなんですか?」コントの薬局の主人はベストヒットUSAでおなじみ小林克也さん扮する咲坂守(サキサカマモル)です。

「おじょうず〜!」

あーこのフレーズ懐かすぃ〜!

他の似顔絵も見てってね→click!
よろしければ気軽にコメントを残して行ってくださ〜い。似顔絵リクエストも大歓迎!
(気が向いたら描くかも)主役よりも脇の俳優さんに興味津々です。
[PR]
by enomushi | 2014-11-10 20:57 | 似顔絵 | Trackback | Comments(2)
ドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」より仲里依紗ちゃん扮するテツコを描いてみた。
b0033515_1347350.jpg
ひさびさに神戸に帰郷していた息子kentaを昼過ぎに新神戸まで送って戻った夜のことですが、ボクが風呂から上がると嫁さんがキッチンで用事をしながらなにやら鼻歌を歌っていたのでよくよく聞いてみると「蛍の光」のメロディだったので「なんでそんなスコットランド民謡歌ってるの?」と尋ねると、本人は全く無意識でそのメロディを口ずさんでいたらしい。鼻歌を歌う状態を心理学的に解説すると「楽しいできごとがあったときにはより楽しくなるために、落ち込んだときは明るい歌で気分を盛り上げたり、逆に悲しい歌でより悲しみに陶酔したりと、自分の気持ちをコントロールする手段として鼻歌を歌う」のだそうだ。嫁さんとしては帰郷した息子とひさびさに楽しく過ごした時間が終わってしまった寂しさからつい口からこぼれたメロディが「閉店の際によくかかるあの曲」だったのだね(笑)そんな嫁さんのせつない様子を見てなんだかちょっとホッコリしてしまいました。
ホッコリといえば、NHK BSプレミアムドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」も見終わったあとなんだかあったかい気持ちになれます。本屋大賞第2位に輝いた木皿泉の感動小説のドラマでテツコをホッコリ演じる仲里依紗ちゃんを描いてみた。

他の似顔絵も見てってね→click!
よろしければ気軽にコメントを残して行ってくださ〜い。似顔絵リクエストも大歓迎!
(気が向いたら描くかも)主役よりも脇の俳優さんに興味津々です。
[PR]
by enomushi | 2014-11-06 16:16 | 似顔絵 | Trackback | Comments(0)
ドラマ「昨日のカレー明日のパン」より小倉一郎さん扮する小田和正を描いてみた。
b0033515_11143216.jpg
今年の夏に東京へ引っ越した息子が先日京都でのライブ終わりに久々に神戸に戻り3日間滞在していたので一緒に遊んでたらすっかり更新が遅れちゃいました。「昨日(ゆうべ)のカレー明日のパン」はNHKのBSプレミアムドラマで、醸し出される空気感とホッコリ感が好きで毎週楽しみにしているのです。主人公が住む家のお隣の住人を演ずる小倉一郎さんの、このドラマでの役名が「小田和正」なので、てっきり脚本家「木皿泉(きざらいずみ)」さんは小田さんファンのしゅっとした女性だろうなと思ってたのだけど、なんとベタベタの関西人のおっちゃん和泉務(いずみ つとむ)さんとおばちゃん妻鹿年季子(めが ときこ)さん夫妻二人の共同ペンネームだったのですな。いやー知らんかったなぁ。(笑)番組HPにお二人のインタビュー動画がありますので気になった方は見てみてください。小倉一郎さんは役者の他に蒼蛙という俳号を持つ俳人でもあります。

印泥に あぶらを少し 秋更くる

これは篆刻が趣味でもある小倉さんならではの秋の句です。うまいっ!ってなことでドラマ「昨日(ゆうべ)のカレー明日のパン」で小田和正に扮する小心者をやらせたら右に出る人がいないと称される小倉一郎さんを描いてみた。

他の似顔絵も見てってね→click!
よろしければ気軽にコメントを残して行ってくださ〜い。似顔絵リクエストも大歓迎!
(気が向いたら描くかも)主役よりも脇の俳優さんに興味津々です。
[PR]
by enomushi | 2014-11-02 11:23 | 似顔絵 | Trackback | Comments(0)


welcome
本Blogは、クボマサヒコのイラストレーションをメインコンテンツとするBlogです。本Blog内の画像、テキストの著作権はクボマサヒコが保有します。著作者の許可なく複製、転載することはできません。 画像の無料配布は行なっておりません。

Facebook
HOME PAGE
カテゴリ
外部リンク
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。